ヴィンテージバイクが本気で走るクラシッククラスを開催!

スワップミートも同時開催予定!

開催日時 2019年12月1日 日曜日
開催場所 鈴鹿ツインサーキット

エントリー期間 2019年10月10日 – 11月23日
エントリー費用 21,800円(税込)


スワップミート出店費用 2,000円(税込)

2019年、Round2のASTRIDEは12/1(Sun)にA〜Eの5クラスで鈴鹿ツインサーキットにおいて開催されます。

クラスA&Bは初心者から上級者までを対象にした一般車両のクラスです。サーキット走行を通してモータースポーツの素晴らしさを体感してもらうこと、スピードとバランス感覚の向上により運転技術の向上をしてもらうことを目指しています。

クラスCはAS&F250のモータースポーツ入門クラスです。250ccなのでそれほどスピードも高くなく、入門クラスとして腕を磨くクラスです。

クラスDは2ストロークのクラスです。TZのようなレーサーはもちろん、80年代の懐かしいRZや90年代のNSRやTZRのようなレーサーレプリカが甲高い音をあげて疾走するシーンは圧巻です。

クラスEは1972年までの250cc以上のクラシックレーサーの走行会です。関東で盛んなレジェンドオブクラシックの西日本版として、新規参加者動員に結びつけるべく開催いたします。


出走クラスとタイムスケジュール

Round1はA〜Eの5クラスでの開催です。エントリーする車両についてご不明な点がある場合は、事務局までお問い合わせください。

A-Begginer : 250cc以上車両によるビギナークラス

250cc以上であればどんな車両でも参加可能です。サーキット走行が初めての方やゆっくり走りたいという方におすすめのクラスです。

B-Intermediate : 250cc以上車両による中級者クラス

250cc以上であればどんな車両でも参加可能です。サーキット経験のある楽しく速く走れる中級者の方が対象のクラスです。

C-AS&F250:空冷シングル4サイクル4気筒の250ccクラス

AS250 : 空冷シングル250cc、ノーマルエンジン、オリジナルフレームは可能。参考車両は:GB250、SRX250、ボルティ/グース250、エストレアなど

F250 : 80~90年代の250cc4サイクル4気筒、ノーマルエンジン、オリジナルフレームは可能。参考車両はCBR250F、FZR250R、GSXR250/カタナ250、ZXR250など

D-2st : 125cc以上の2ストローク車両のクラス

2ストローク:125cc以上の2ストローク車両のクラスです。市販車はもちろんレーサーの参加も可能です。参考車両はNSR250、RS125、RZV500、RZ250/350、TZR250、TZ250/350、TZ125、TA125、RGV400/500、RGV250、Kawasaki250~750ssなど

E-Classic : 1972以前に生産された車両によるクラシッククラス

1972年以前に生産された車両によるクラシッククラスです。博物館級の車両が本気で走る姿は圧巻です。車両規定はLOCに準じます。



エントリー

エントリーは以下のエントリーフォームから申し込みしてください。
エントリー後、下記の口座にお振り込み頂き、入金の確認が取れ次第エントリーの正式な受付が完了となります。

エントリーには本イベントの趣旨とルールに関する同意の誓約が必要になります。必ずエントリーフォームにある誓約に同意してエントリーしてください。

エントリー受付開始:2019年10月10日
エントリー費用:21,800円(税込)

お振り込み口座

百五銀行 平田町駅前支店
普通口座:942917
口座名義:株式会社オーヴァーホールディングス